年配の方へのお土産にするとき。

和菓子は、日本に古くからあるお菓子ですが、最近は洋菓子が人気があるので、お土産にするなら洋菓子にする人も多く、和菓子を食べる機会が減っていると思われます。しかし、状況によっては和菓子をお土産にした方がいい場合もあります。特に年配の方へおみやげを持って行くなら洋菓子よりも和菓子の方が喜ばれることも多いです。年配の方は、よく日本茶を愛飲する方も多いので、和菓子の方が付け合せのおやつにはふさわしいと思われます。

アレルギーのある人に対してのお土産にするとき。

洋菓子は、ケーキやプリンやシュークリームなど、主に小麦や卵や牛乳を使って作ることが多いです。そのため、特にそれらにアレルギーを持った人にとっては食べられる洋菓子がゼリーなどに限られてきます。しかし、和菓子はだんごやおもちなど、もち米や小豆などを使っていることが多いので、和菓子の原料にアレルギーとなるものが使われていない限り、食べることができます。アレルギーがあると事前に聞いているなら、和菓子を選んだほうがお土産として喜ばれるでしょう。

摂取カロリーを気にしている人へのお土産にするとき。

特に若い女性など、ダイエットに励む人も多くいると思います。しかし、そのような人にお土産に洋菓子を選んだりすると、喜ばれるものの、食べるのに気になってしまうこともあるかもしれません。特に洋菓子は、バターや牛乳などを多く使っているので脂質が多く、摂取すると太りやすくなるのは事実です。しかし、和菓子はバターや牛乳などを使っていないものが多いので、脂質の少ないものがたくさんあります。食べるものをお土産にする時は、相手の状況を考えて選ぶのがいいと思います。

ずんだ餅とは東北地方を中心とした地域の郷土料理で、枝豆をすりつぶして作った緑色の餡を使用した餅菓子です。

食べるものをお土産にする時和菓子が喜ばれる場合。

Post navigation