風浪やうねりが高い外海よりも内湾で

多くの屋形船業者が集中しているのは大都市圏。つまり国内でも港湾都市が発展し易い比較的規模の大きな湾内であり、むしろその方が見所も多い上花火大会等のイベントも数多く、年間を通して屋形船クルーズを楽しむ事が出来るのです。もちろんこの様な環境は外海からの風浪やうねりといった影響も大変少なく、船酔いに弱い人でも安心して乗船出来るでしょう。ストレス無く飲食をしながらゆったり楽しむには、穏やかな海が一番ですよね。

大規模河川の下流域も見どころに

屋形船が一番似合ロケーションは意外にも純粋な海では無く、それに通じる整備された大規模な河川の河口から下流域なのです。両河畔から奥に広がる都会のビル群を眺めたり、それ越しに打ち上がる花火を楽しむのも風流でしょう。また春になれば河畔に続く満開の桜並木を眺めながらのクルーズも素敵なものですよね。整備された都会の河畔は人々の憩いのスポットであると共に、川面に浮かぶ屋形船から眺めても最高のスポットでもある訳です。

意外にも湖の屋形船も良い環境に

屋形船というと上記の様に港湾や河口近くというイメージが大変強いものですが、実は各地の湖にも屋形船はあり楽しまれているものです。ロケーションが都会からより自然豊かな方向に振れてきますが、これらの景色もまた屋形船から眺めると大変美しいもので、ファンが多いのも頷けるところです。また海とは違い滅多な事で湖面は荒れる事も無く、それこそ船酔いし易い人にとっては最高の条件となる事でしょう。都会から離れる為乗船までのアクセスに若干手間が掛かりますが、貴重な体験となる筈です。

屋形船での排泄は、水中での垂れ流しも可能となっています。そのため、水質汚濁が問題となり、それを規制することで遊泳可能地域を増やそうと努力しています。

安心して楽しめる!屋形船クルーズのフィールドは?

Post navigation