家族や友達への贈り物にも!つい見返したくなる整理法

スマホやコンパクトカメラなどの普及により、気軽に写真を撮ることができるようになりましたが、それと同時に、撮影した写真が多すぎて、撮りっぱなしの放置状態になっている人も少なくないのではないでしょうか。過ぎ去ってしまった、楽しい瞬間も、上手に整理して写真を残しておくことで、いつでも、何度でも思い返して、楽しむことができるものです。そこで、おすすめしたい写真の整理方法のひとつが、フォトブックです。オンライン上で、気軽に画像を整理することができるため、ちょっとした時間の合間にでも、無理なく作ることができます。作成方法も、簡単にできるものが多く、お手頃な価格から注文することが可能です。フォトブックにすることで、思い出が、まるで写真集のように、手元に残ります。お部屋の片隅に立て掛けておいても違和感のないデザインなので、インテリアのひとつとして飾っておいて、ふとしたときに、見返してみることもできます。結婚式や旅行のときに撮影した写真をフォトブックにして、大切な人へのプレゼントにするのもよいですよね。

思わず夢中に!スクラップブックで手作り整理法

面倒くさいと思っても、やってみると、意外とはまってしまう人も少なくないのが、スクラップブックです。ハンドメイドや工作がもともと好きという人はもちろんのこと、片づけをしていて写真を見つけると、つい作業が止まってしまう、というタイプの人もはまりやすい作業かもしれません。台紙に、写真を貼るだけではなく、切符や入場券、パンフレットの切り抜きなどを一緒に貼り付けることで、その時の思い出をより鮮明に残すことができ、作っている最中も、楽しかった思い出を思い返しながら、楽しい時間を過ごすことができます。写真をカットしたり、カラフルなマーカーでコメントやイラストを加えたり、スタンプやマスキングテープを使用してデコレーションをしたりすることで、見ていてワクワクするような思い出アルバムを自由に作ることができますよ。初心者向けに、簡単キットなども販売されているので、気軽に楽しむことも可能です。

インテリアにも!お気に入りの写真は飾っちゃおう!

全部の写真は必要ないけれど、人生の節目節目で撮った、大切な写真だけは、いつでも目にすることができるように残しておきたいという人におすすめなのが、写真のインテリア利用です。海外の映画のワンシーンでよく見かけるのが、職場のデスクに、家族の写真を入れた写真立てを飾っている光景。写真立てに入れて、いくつも並べて飾るだけでも、素敵なものです。日本の会社では、あまりそのような習慣がないため、職場では実践しにくいという人は、自宅のリビングや玄関などに飾ってみてはいかがでしょうか。お友達や家族など、お客様が来たときに、写真をきっかけとした話が盛り上がることもあるかもしれませんよ。オシャレな額縁や、ナチュラル素材の洗濯バサミや麻紐、ガーランドなどの小物を使って、工夫してディスプレイすれば、立派なインテリアになりますよ。

デジタルカメラなどで撮影した写真から作った写真集がフォトブックです。自分だけのオリジナル写真集なら、いつでも開いたときに思い出がよみがえります。

あの写真って今どこに!?つい撮りっぱなしになってしまう大切な写真の整理法

Post navigation