ペットショップに行くといろいろな種類がいます

一番わかりやすくて簡単なのが、ペットショップで購入することです。ペットショップには常にいろいろな種類の子犬たちが家族になってくれる人を待っています。どの犬種がいいか決まっていなくてもお店の人はプロですから、欲しい人のニーズに合わせた子犬を紹介してくれます。ショップですと子犬を飼い始めるのに必要な道具やエサも一通りそろいます。家に帰ってから足りないものがあると困りますから、なんでもお店の人に相談をして買い揃えましょう。

犬種が決まっているのならばブリーダー

飼いたい犬種がすでに決まっているのならば、その犬種専門のブリーダーから買うこともできます。ブリーダーはプロの繁殖かですから、その犬種についての知識が極めて高く、飼い方やしつけ方、犬種の特徴なども詳しく教えてもらうことができます。子犬を繁殖させたブリーダーから直接買うということは子犬の親を確認することもできるということなので、大人になった時の大きさや性格なども大体つかむことができるのも大きな特徴です。

許可がない素人から買うことは違法です

子犬は誰からでも提示された金額で購入していいものではありません。犬を販売するには動物取扱業登録をして許可を得る必要になります。ショップやブリーダーなど多数扱っている場合はそんなに問題にはなりませんが、個人や未登録の業者が繁殖させた犬を実費以上の金額で販売することは固く禁じられていることです。子犬を購入しようと決めたら、その相手が正しく動物取扱業登をしているかどうかを確認する必要があります。また、犬を飼い始めたら居住している市町村の役所に愛犬登録をする必要もあります。

子犬販売なら神奈川県です、神奈川県にはエンゼルというペットショップの本店があるからです、全国へ発送ができます。

子犬が欲しいけれど、どこで買うのがいいんだろう?

Post navigation